読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都さん(産)が因数分解させて頂きます。

京都で生まれ育った京都産の私が、日々の生活の情報を記載するブログです。

正月の帰省のお土産に吉祥寺「小ざさ(小笹)」の最中を購入してみた

訪問日: 2016.12.29 木曜日
最終更新日: 2017.01.04 水曜日

2016年も残り3日となりました。年内の仕事が昨日28日で終わり今日から正月休みの方、または今日29日まで出社日だが今日は会社の有給消化奨励日でお休みの方、今日まで出社して明日30日から休みに突入する方の3パターンがほとんどではないでしょうか?

一方で、鉄道会社や郵便局などのインフラ関係、コンビニやスーパーの流通関係など業種、職種によっては年末年始も休みがない会社もあります。

年末年始に休暇が取れた方は、故郷に帰省する際にお土産に何を買うか迷いますよね?私がオススメするのは、吉祥寺「小ざさ(小笹)」の最中(もなか)です。

こちらのお店は1日限定150本しか販売されない羊羹(ようかん)が有名ですが、最中もあっさりした餡(あん)がパリッとした皮に包まれ、飽きの来ない味で大人気です。ちなみに、こちらのお店では、限定の羊羹と最中の2種類しか販売されていません。

私は実家に帰る際の手土産として、最中を買うために2016年12月29日の木曜日17時前にJR吉祥寺駅で降りました。年末ということで駅の構内、駅ナカのアトレ、駅前や商店街も非常に多くの人で賑わっていました。そのような人をかき分け、駅から徒歩3分から5分でお店に到着しました。

私の中では年末ということもあり、15人以上は並んで買うまでにも時間が掛かりそうだと覚悟していきました。しかし、行ってみると案外そんなに並んでいなくて、安心しました。私が着いた時は、5人くらいが並んでいました。

列の最後尾あたりに、案内の若い女性店員さんがいました。列に並ぼうとすると、笑顔で2番の番号札を渡されました。そしてお年賀で贈答する際にのし紙が必要な方は申し出て下さいと案内されていました。

私は17時に並び始めました。列は二列になっていて、整理番号の1番のお客さんと、2番のお客さんが交互に注文をして購入することが出来ました。帰り際に、案内の笑顔が素敵な店員さんが3番の番号札を渡していたのが聞こえたので、もしかしたら別の運用方法があるのかもしれません。

私は久しぶりにお店に伺ったため、何個入りがあるのか、そしていくらなのか分かりませんでした。店頭には個数と値段が記載された札が吊り下げられているのですが、列の後ろからでは見にくく、さらに私は目が悪いのではっきり見えませんでした。

私が並び出した後からしばらくすると、5人以上私の後ろに列が出来てきました。注文をあらかじめ決めずに自分の番が回ってきて、時間が掛かって待たせるのは申し訳ないので、案内係の女性にいくつ入りが売っているのか聞くことにしました。

すると案内係の女性は、先ほど受け取った整理番号札の裏側に、商品案内が載っていることを丁寧に教えてくれました。注文する時に、少し時間が掛かってしまって、後ろの人を待たせたらどうしようと不安に思っていたので、教えてくれて非常に助かりました。さらに、商品案内の中で箱の10個入りと21個入りは今日は売り切れてしまったと申し訳なさそうに教えてくれました。

最中の購入方法は大きく分けて二通りあり、バラ売りを袋に詰めてもらう方法と、10個入りや21個入りなど決まった個数を箱で買う方法があります。ちなみに、バラ売りは一個から購入することが出来、一個61円と番号札の裏の商品案内に書かれていました。

列に並んで4、5分くらいで自分の番が回って来ました。17時04分くらいでした。私は実家の家族(両親、祖母)と、実家近くに住んでいる兄夫婦(2人)に買って帰ろうと考えていました。本当は10個入りの箱がちょうど良かったのですが、売り切れだったため、15個入りを注文しました。15個入りの箱で一箱1,010円でした。合計二箱買ったので、2,020円をお支払いしました。

店頭には、注文を受けて商品を渡す方と、レジでお金を精算する方の二人体制でした。その他、おかみさんみたいな方が商品の発送?の対応を店の横(吉祥寺さとうとの間の通路側)でされており、店の奥にも2名ほどいらっしゃいました。

最中二箱と小袋二枚、それを大きな袋に入れて頂いて17時05分頃に無事買い物終了しました。

f:id:kyotosan:20170104180219j:plain

因数分解して分かったこと

・お土産にちょうど良い分量の10個入りと21個入りは人気があり、売り切れることもある。

f:id:kyotosan:20170104180304j:plain

f:id:kyotosan:20170104180358j:plain

f:id:kyotosan:20170104180440j:plain

f:id:kyotosan:20170104180511j:plain

follow us in feedly