読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都さん(産)が因数分解させて頂きます。

京都で生まれ育った京都産の私が、日々の生活の情報を記載するブログです。

小田急 朝のロマンスカーの愛称募集に応募してみた!

ライフスタイル

私が情報をチェックしているヤフーニュースの経済カテゴリーで以前に、小田急電鉄が朝に運航している通勤特急の愛称を募集という記事を見ました。気になったので小田急のサイトで詳細を調べました。

小田急電鉄では、町田や新百合ヶ丘方面から都内へ向かう通勤通学ラッシュの所要時間短縮と車内の混雑緩和のために、複々線化工事をしているそうです。従来は、新宿方面の上り線と町田や新百合ヶ丘方面の下り線の線路が一本ずつで合計二本の複線でした。それを新宿方面の上り線と町田や新百合ヶ丘方面の下り線の線路がそれぞれ二本ずつで合計四本の複々線(複線 x 2)になるように工事をしているとのことです。

参照サイト: 小田急電鉄 複々線化事業 関連ページ
いよいよ2017年度に複々線完成! | 小田急電鉄


複々線の工事区間は東北沢~和泉多摩川間(10.4km)で、すでに世田谷代田~和泉多摩川間(8.8km)は完成しており、2017年度(2018年3月まで)までに残る東北沢~世田谷代田間(1.6km)の複々線を完成させたいとのことです。

複々線が完成した場合には、現在ひっ迫している通勤通学時間帯にも列車の増発が可能となり、2018年3月に予定しているダイヤ改正で、朝に運航する特急ロマンスカーの本数を増やし利便性を高めたいとのことです。それに伴い小田急新宿駅と直通している東京メトロ千代田線大手町駅の二か所に朝方の午前9:30までに到着する特急ロマンスカーに別途愛称を付けることにしたそうです。そこでキャンペーンサイトを通じて、愛称を一般の方から募集しているとのことでした。

応募期限は2016年12月19日(月)10:00 から 2017年1月12日(木)23:59までの約一か月で、愛称を採用された方から1名に抽選で小田急トラベル旅行券 10万円分(1名)」が当たったり、応募者の中から抽選でホテル宿泊券が当たったり豪華特典が用意されていました。そして何より自分の応募した名前がロマンスカーの愛称に採用されれば、すごく愛着が沸いてくると思います。

そんなところで私もキャンペーンサイトの一番下の応募フォームから応募してみました。


参照サイト: 小田急電鉄 朝方通勤特急ロマンスカー愛称募集キャンペーン 関連ページ
www.odakyu.jp

参照サイト: 小田急電鉄 通勤時間帯における特急ロマンスカー増発 関連ページ
http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/8498_7640382_.pdf


まず最初に「朝方通勤特急ロマンスカーの愛称案」を8文字までで入力する欄がありました。入力枠外に「号」という文字があり、例えば「マッハゴーゴー」号という感じでカッコ内に考えた愛称を入力します。

次に愛称案のフリガナを30文字以内に入力し、三番目に愛称案の説明・理由を100文字以内で説明する欄がありました。愛称案への思いを文字で説明するとどうしても長くなりがちで、最初は100文字を超えました。100文字以上入力すると「愛称案の説明・理由は100文字以内で入力してください。」と注意メッセージが表示されるので分かります。説明を削ったり考え直し、99文字でなんとか私のあふれる思いを抑えました。

その次に、「ご希望の賞品」を選択する欄があります。採用賞は愛称が採用された方のみから抽選ですが、ここでは参加賞を選択することになります。参加賞はA賞、B賞、C賞の三種類がありますが、ここでの選択は豪華なA賞のホテル宿泊券か、B賞の小田急百貨店商品券5,000円分のどちらかに●チェックを入れる形になります。C賞の選択肢はなく、A賞、B賞から漏れた方から自動的に抽選されることになると思います。

私は、A賞の「ハイアット リージェンシー 東京 リージェンシークラブルーム1泊朝食付きペア宿泊券~ワンランク上のホテルステイ~(2組4名さま)」を選択しました。

最後に、名前、性別、年齢、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、キャンペーンを知った経緯を選択、個人情報の取り扱いを選択し、登録した内容を確認する画面に進みました。「朝方通勤特急ロマンスカーの愛称募集 入力内容確認内容」という画面が現れるので、入力内容が合っているか確認して、内容に問題なければ「送信」ボタンを押します。

すると「送信完了」「ご応募ありがとうございました。」という画面に変わるとともに、先ほど入力したメールアドレスにも応募申込み完了のメールが同時に届きました。

因数分解して分かったこと

・採用されると思えば、採用される。気の持ちようだ。

follow us in feedly