読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都さん(産)が因数分解させて頂きます。

京都で生まれ育った京都産の私が、日々の生活の情報を記載するブログです。

<グルメ感想>ベックスコーヒーショップ 新宿店 メニュー: ブレンドS、ホットドッグ

グルメ

f:id:kyotosan:20170208011002j:plain

[公開日]2017年02月08日 水曜日
[最終更新日]2017年02月11日 土曜日

目次

店舗詳細

店名: ベックスコーヒーショップ 新宿店

住所: 東京都新宿区新宿3-38-1
場所: JR新宿駅中央東口改札内
f:id:kyotosan:20170208010639j:plain


訪問概要

訪問時期: 2017年02月上旬(01日~10日の間)

訪問時間: 休日午前(0時~12時の間)

食べたメニュー: ブレンドS、ホットドッグ(ホームページにはホットドッ“グ”と記載。レシートにはホットドッ“ク”と記載)
f:id:kyotosan:20170208010509j:plain

値段(価格): ブレンドS 230円 税込)
ホットドッグ 240円 税込)


食べ物の特徴:
コーヒーのスプーンがデカイ。
ホットドッグのマスタードが多め。

コーヒーの味:
そもそも分からないが、普通のチェーン店の味。

f:id:kyotosan:20170208010835j:plain

f:id:kyotosan:20170208010913j:plain

お店の特徴:
イスが少なく、立ち席が多い。喫煙席がある。喫煙席があるのが最大の特徴。喫煙席に椅子は6脚のみ。あとは立ち席。喫煙席はお店の一番奥でドアで完全に仕切られている。

禁煙席も椅子は6脚のみ。あとは立ち席。お店の手前にある。

駅の通路からも持ち帰り用の注文が出来る。店舗内に入らなくても注文が出来る。

総席数: 12席プラス立ち席(禁煙席: 6席プラス立ち席、喫煙席: 6席プラス立ち席)

店内配置: 中央東口改札近くの手前に禁煙席。一番奥に喫煙席。

ホットドッグの具材構成

1、パン

2、ケチャップ

3、マスタード

4、ソーセージ

ドトールとの比較

コーヒー→
ホットドッグ→食べやすいように真ん中でななめに切られていた。ドトールのジャーマンドッグは切られていない。
全体の美味しさ→
価格→
コスパ

お店の滞在時間⇒分

食後のトレーの返却、ごみの処理方法

自分で返却。

お店の全体的な感想

駅にあるため、みんな滞在時間は短い。そのため、椅子も少ない。勉強する学生はいない。


因数分解して分かったこと

  • 私はタバコを吸わないが、ベックスコーヒーは職場、喫煙所以外のお客様の「サードプレイス」。

参照サイト: ベックスコーヒー 店舗情報 関連ページ
www.jefb.co.jp

follow us in feedly