読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都さん(産)が因数分解させて頂きます。

京都で生まれ育った京都産の私が、日々の生活の情報を記載するブログです。

肉グルメ 吉祥寺さとう メンチカツ

吉祥寺にあるテレビでもよく紹介されるメンチカツが有名な「お肉屋さん」に行ってきました。「お肉屋さん」とあえて強調したのは、購入者の多くがメンチカツを購入するほどあまりにも有名で、本業はお肉屋さんだということを、ついつい忘れがちになってしまうからです。たまに休日に吉祥寺のお店の前を通った時には、いつも35メートルくらいの長い列が出来ていて、30分から一時間は購入するまで覚悟しなければなりません。列に並ぶのも面倒なので、いつもあきらめていました。今回は吉祥寺駅に向かう途中、たまたま通りかかったら、そんなに並んでいなかったので、少し並んで食べてみることにしました。

訪問時期は、20161209の木曜日午前10時48分くらいでした。到着した時には既に列があり、店の横のレジが設置されている場所から、店の前を回り、隣のお店小笹さんの境くらいまでの長さでした。10メートル弱の長さで、大体15人前後だった気がします。

10時55分くらいには購入出来たため、待ったのは7分前後でした。平日で開店直後だったこともあり、早く買えたのだと思います。列に並んでいる時、私の前で買ったお客さんの中には、メンチを10個買われたり、メンチと一緒に通常のコロッケを買っていかれる方もいました。おそらくは、ご近所の方で、家に持ち帰って食べられるのだと思います。

本来お肉屋さんなのですが、私が並んでいる間に、冷蔵ケースに並んでいるお肉を買われたお客さんは一人もいませんでした。店先の机に焼豚、カツなども並べて販売されていました。焼豚は一人で3パック購入された方がいたのは見ました。なお、メンチカツを購入する方は列に並ばなければなりませんが、メンチカツ以外の焼豚などのみ購入される方は、列に並ぶ必要はなく、お店の正面のお肉を買うレジで精算されていました。

店員さんは、外でメンチカツの販売、レジ担当の方が一人いて、非常にテキパキ対応されていました。お店の中では、お肉販売担当の方が一人か、お客さんが来た時に都度対応で0.5人程度で、残りの大多数の人員は、メンチカツなどの揚げ物を担当されていました。揚げ物の衣を準備する方、カツを揚げる方、揚げたカツを紙袋に入れる方などで6名くらい、いらっしゃいました。

メンチカツは10個や15個など多く注文される方もいるため、それだけの人員がいても対応しきれず、私が並んでいる際も、私の前の前の人で出来立てが無くなり、次のメンチカツが揚がるまで一分前後は待つことになりました。私は一個を注文し、一分程度待ち、出来上がりを購入出来ました。レジ横と、さとうのステーキ店の二階への階段の間に、その場で食べられる小さなスペースが確保されており、カツを包む紙袋を捨てるゴミ箱も用意されていました。

さっそくその場で立ち食いしました。紙袋を開けると、メンチカツが丸い形状で結構大きかった(直径6センチくらい)のが、予想外でした。スーパーで売られている俵型、コロッケと同じような形状だと思い込んでいたので、ビックリしました。

揚げたてのアツアツを食べると、中央部にお肉が入っていて、お肉から肉汁があふれ、刻まれたタマネギからは甘みが感じられました。衣もサクサクで、お肉、タマネギ、衣が合わさって、非常に美味しかったです。

一方で、揚げたてだったためか、メンチカツに油をたくさん含んでおり、食べ終わったあとは口の中に油感がしばらく残りました。コロッケも一緒に買おうか迷いましたが、小腹がすいた時にメンチカツ一人一個がちょうどちょうど良い分量だと思います。普通のコロッケも次回ぜひ買ってみたいと思います。


最後に余談をもう一つ。
吉祥寺さとうのお隣の小笹さんも、羊羹、もなかが有名で行列の絶えないお店です。私がメンチカツを買うために並んでいる時も、小笹さんも賑わっていました。さとうさんよりは列も短いですが、4から6人待ちくらいの列が出来ていました。



20161212更新
20161212月曜日の平日1420にお店の前を通りかかりました。その時は、お店からコピスの方に向けて15人くらいの列が出来ていて、お店の前には10人ほどの待っている方の列が出来ており、合計で約25人ほどが並んでいました。



20161219更新
20161219月曜日の平日夜1830頃にお店の前を通りかかりました。
いつものように長い列が出来ているのかなと思って遠目から見ましたが、誰もお店の前に並んでいませんでした。「これはチャンス!!」と思ってお店の前まで行ったところ、誰も並んでいない理由が分かりました。お店の前の張り紙に「完売」と書かれていました。

お店の正面右端の上に通常張り紙が4枚吊るされていて、店頭販売されているお惣菜の主要商品の「元祖 丸メンチカツ」「激うま コロッケ」「牛カツ」「豚ロース串揚」の内容となっています。私が行った時には、その上から本日は完売したことを伝える張り紙が掲げられていました。

お店の前の長テーブル上に通常並べられている「自家製焼豚」「ロースカツ」などは、まだ完売せずに販売されていました。しかも、お店が19時が閉店のため、私が通りかかった18時30分頃には売れ残りを避けるためか割引販売されていました。

本日分かった事は、最低でも18時30分よりも前に行かないと、「メンツカツ」など人気のある商品は売り切れの可能性が高いこと、そして閉店間際の時間帯に行くと、「自家製焼豚」「ロースカツ」など価格の高い商品でもお安く購入出来るチャンスがあるということです。

follow us in feedly