読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都さん(産)が因数分解させて頂きます。

京都で生まれ育った京都産の私が、日々の生活の情報を記載するブログです。

<グルメ感想>福仙樓 (ふくせんろう) - 大阪・淀屋橋/中華

いつも一緒に会社でお昼ご飯を食べている人が外出のため、今日は外にランチに出かけました。

[公開日]2017年03月28日 火曜日
[最終更新日]2017年03月28日 火曜日

目次


店舗詳細

各駅からお店までの標準所要時間と距離は、Googleマップによると以下の通りです。

  • 【営業時間】

平日 11:00〜22:00
土曜 11:00〜14:00

  • 【定休日】

日曜日

  • 【TEL】

06-6231-0019

  • 【総席数】

未調査席(禁煙席: 不明席、喫煙席: 不明席。おそらく全席喫煙可能)

  • 【店舗位置】

通りに面した場所に入り口が一箇所。ただし、店舗の外から中が見えにくいため、混雑しているのか分かりにくい。入りづらい。

訪問概要

  • 訪問時期: 2017年03月下旬 (21日~31日の間)
  • 訪問時間: 平日昼〜夕方 (12時~18時の間)→12時台
  • 食べたメニュー:

カレー焼きそば 普通サイズ 510円 (税込)
f:id:kyotosan:20170328200319j:plain

お店の特徴

割り箸を入れる紙袋に「中華料理」「北京料理」と書いてあります。そこから何となくお店のジャンル、背景が分かるかと思います。

餃子の王将のような日本人向けの味付けをした中華料理店ではなく、本格中華のお店が起源だと思います。それが年月が経ち、地元の名物店になっていった感じです。

ランチタイムの特徴

ランチタイムで注文出来るメニューは、3種類のみです。大盛りなど料理の分量は、別料金で注文可能です。ランチタイムにはテーブルにメニュー表は置かれておらず、店員さんが3種類からどれにするか聞かれます。

1. カレー焼きそば
2. カレーライス
3. 焼き飯

上記3種類で、ランチタイムではカレー焼きそばがこのお店一番の名物料理、特徴あるメニューのため、一番注文されていました。ただし、カレーライス、焼き飯も割と注文されていました。

カレー焼きそば、焼き飯は炒めたりする時間が掛かりますが、カレーライスは盛り付けるだけのため、私より遅くに来てカレーライスを注文された方は、私より先に提供されました。注文してから1〜2分程度だったと思います。

ランチタイムに私が行った時には、お客さんは全員男性でした。女性が華やかに談笑しながら食事する雰囲気はランチタイムにはありません。

ランチタイム、12時8分くらいにお店に入ると、9割くらいの席が埋まっていました。長身の70代くらいのボケっとした店員に1名で来たことを告げると、相席のテーブル席を案内されました。

ランチタイムの時は、片側2名、正方形の四辺合計8名掛けのテーブルに少人数で行くと基本的に相席になります。

3〜4名で行くと、壁際の4人テーブルに案内されることもあります。

6名程度で行っても、みなさん食べたらすぐにお店を出て行くため、お客さんの入れ替わりは早いです。そのため、そんなに並んだり、立ったりして待つことはありません。

店員のフォーメーション

レジ係と配膳、食事後の食器の片付け係の長身の70代くらいのボケっとした店員1名、料理を運ぶおばちゃん1名、料理担当は調理場が席から見えないため何人で調理しているのか不明です。

店内の様子

サラリーマンの男性のみ。配膳は愛嬌、順番が違うこともある。

食べた料理の感想、特徴

一言で言えば、これぞB級グルメという感じです。お皿は一部欠けていて、全体的にもあまり洗練された感じではありませんが、料理は普通。B級の理由ですが、焼きそばにカレーをかける感じがです。カレーをかければ、何でもそこそこの味にはなるかなと思います。

カレー焼きそばの具材構成

1. やきそば
2. シャバシャバ系のカレー
3. 野菜



他社との比較

  • 焼きそば→
  • 全体の美味しさ→
  • 価格→
  • コスパ

お店の滞在時間

約16分。
1208に入って
1223に食べ終えた

水は適当に出される

食後の食器やトレーの返却方法、ごみの処理方法

食べ終えたら、そのままテーブルに置いておきます。そして出入口に向かい、出入口の前のレジでお会計をします。

お店の全体的な感想

一回は行ってみても良いと思います。ただし、お昼時はメニューが3種類のため、本当に試したいなら、ランチ以降に行くのが良いと思います。

因数分解して分かったこと

参照サイト: ぐるなび 福仙樓 (ふくせんろう) 関連ページ
r.gnavi.co.jp







三種類のみ。

客は全員男性、行った時は

カレー焼きそばが多い、注文
510円


基本的に相席になる、

入れ替わりは早い、

待つことはない。

配膳は愛嬌、順番が違うこともある。


レジ係の長身の男性、片付けも
料理を運ぶおばちゃん、
調理場は何人か見えない


1208に入って
1223に食べ終えた

水は適当に出される

follow us in feedly